「モチベーションアップ&キープ」特殊音源CDレビュー

モチベーションアップ
特殊音源とは、言わば
聴くサプリメント」である
さて、皆さんもご存知のように、私は「バラいろダンディ」でお馴染みの苫米地 英人氏の熱烈なるファンであります。

その著書に書かれたノウハウを日常生活へ適用して、この混沌とした現代を生き抜いているわけですが、実に恐るべきは苫米地博士のウルトラなる仕事ぶりでありまして…

洗脳原論」から始まった著書の数は、今や何と200冊以上!!
講義&機能DVDの数は、私が把握しているだけでも33本以上!!

正直な話、その全てを手に入れるのは金銭的に難しく、特殊音源についても買い漏らしがあったんですよね。

ですが、本日、ファンの間でも隠れた名盤(?)として評価の高かった…

モチベーションアップ&キープ」特殊音源CDを遂に手に入れた次第であります!!

パッケージと外観

モチベーションアップ&キープ特殊音源CD1
パッケージ表面から胡散臭さ全開!!
苫米地御大の御尊影でありますww

モチベーションアップ&キープ特殊音源CD2
パッケージ裏面であります。
モチベーションは意識してあげるものではない
というテーゼが目を惹きます。

モチベーションアップ&キープ特殊音源CD3
パッケージを開くと2枚のディスクが収まっています。
右が音源CD、左が解説DVDみたいですね。

モチベーションアップ&キープ特殊音源CD4
では、早速、PCに取り込んで聴いてみましょう!!

曲目の解説と効果の推察

全4曲(計21分24秒)の本音源を聴いてみて、私が体感した効果と、その推察をざっくりとお話すると…

1曲目

重低音を効かせたノリの良いハウスビートが、まるで脳全体を揺さぶるかのように喝を入れに来ます。これは明らかに、ドーパミンの放出を狙っていますね。

2曲目

1曲目とはガラリと変わって「のんびりダラダラ」とした、なんだかよく分からない感じの曲調です。これは、どんな効果を狙っているのか不明です。

3曲目

これもなんだか、のんびりダラダラとした曲調ですが、2曲目と違って明らかに「変な気分」に誘い込もうとするのが判ります。
変な気分といえば…そう、変性意識状態への移行ですね。

4曲目

低音を効かせた電子ピアノのバラードが重厚な雰囲気を作り上げ、「最後の締め」に移行しようとするのがよく分かります。
3曲目と同様に変性意識状態への移行を狙っている様子ですが、「効いている部位」は違うように感じられます。

さすがと言いますか、全体としては「圧巻のクォリティー」の一言に尽きますね。

「宣伝文句は胡散臭さ芬々、しかし、内容は圧倒的」

それが「苫米地クォリティー」の骨頂と言えそうです。

効果的な聴き方

さて、この記事にたどり着いた貴方が気になっているのは、「具体的に何曲目の、どの部分がモチベーションアップに誘導しているのか?」という事だと思われます。

個人的には「全曲を通して聴く事によってモチベーションが上がるように構成されている」と感じましたので、例えば、この音源をウォークマンやiPodに移して聴く場合でも、シャッフル等で順番をバラバラにするのではなく、1~4曲目までを連続して聴いた方が良いでしょう。

また、この音源は日常の仕事や作業の際にBGMとして漫然と聞き流していても構いませんが、より高い効果を狙うのであれば、資格試験の勉強やプレゼンテーションの予行演習、あるいは小説や漫画の投稿用作品の執筆など、あなた自身がモチベーションアップの必要性を感じている事柄に実際に取り組みながら、できるだけ大音量で聴いて下さい。

解説DVDについて

同梱されている解説DVDについてですが、モチベーションアップというテーマについて、苫米地氏自身が過去の書籍の中で繰り返し述べ、その理論の根幹として据えている「エフィカシー」や「コンフォートゾーン」という概念をベースにして説明しています。

ですが…今までに苫米地氏の著書を全く読んだことが無い人が、いきなりこの解説DVDを観ても、ハッキリ言って火星語(?)にしか聞こえないと思いますので、できれば博士の著作を最低でも5冊程度は併せて読んで欲しいと思います。

モチベーションアップ&キープ特殊音源CD1


・他の特殊音源の一覧、及び説明については下記記事を参照。
参照 苫米地 英人氏の特殊音源一覧

追記 2016/03/15


さて、ウチの息子君も、いよいよ高校受験という事で、受験日直前の最後の追い込みの時に本音源を聴かせてみたところ…

見事に第一志望の高校に合格いたしました!!

早速、苫米地氏本人に報告申し上げたところ…


高校や大学、あるいは資格試験の受験を控えている方は必聴ですよ!!

QooQ