教育と親バカは表裏一体である

身近な出来事

T f B! P L
息子の学校で、いわゆる個人面談というのがあったらしく、帰って来た妻が鼻息を荒くして、私にこんなモノを見せてくれました。

クラスメイトからの評価・評判

これはまぁ、アレですよ…
クラスの全員に「この人の、良いと思うところ」みたいなのを書かせて、それをまとめたヤツですなww

で、妻が口から泡を吹かんばかりの勢いで「ウチの子はクラスの人気者なんだ!」みたいな事を喚いて説明してくれたワケですが…

「そりゃあ、各自の親に見せる事を前提として書かせてるワケだから、悪い事は載せんわなぁ…」というのが私の率直な印象ですが、そんな事を口に出して言った日にはご飯を食べさせてもらえなくなってしまいますので、まぁ、黙って頷いていましたww

でもまぁ、私自身も「教育の効果が顕れてきたな…」と思った部分が、この文面の中に在りました。

「生き物を大切にして、やさしくできるところ」
「恐竜にくわしいところ」
「生き物(特に虫など)についてくわしいところ」
「生き物を助けてあけられるところ」

なにしろ、ウチの息子、5歳の時から「大人になったら恐竜考古学者になりたい!!」と公言するほどの「恐竜・生物好き」です。
一緒に本屋に行く度に図鑑コーナーの前に座り込み、私が「買ってあげるから、もう帰ろうよ…」と言うまで、テコでも動きません!

去年の夏などは、ホームセンターのペットコーナーで売っていた「ナントカカントカオオカブトムシ」が欲しいと駄々をこね始め、なんと、そのカブト虫を飼う事が自分の将来にとってどれほどのプラスになるかという、ディベートまで挑んでくる有り様です。

もちろん、こう言っている私自身、本には湯水の如くお金を使うタイプですので、親子して家計を圧迫する程の「知識グルメ」なワケです。

その甲斐あってか、理科のテストは殆ど100点ばかりですので、私が密かに期待している「考古学博士&生物学博士のダブルドクター」も、あながち夢ではないかもしれません。

で、つくづく思った事は…
「教育と親バカは表裏一体である」という事です。

「単なる教育」だけですと、いわゆる塾任せの「お受験教育」になってしまい、とても人格形成が伴うとは思えません。
なにしろ、世の中には、東大の理Ⅲまで卒業した挙句に、オウム真理教に走ってしまった人もいるぐらいですから。

さりとて、「単なる親バカ」だけですと、大抵は親のエゴの押しつけだけに終始してしまい、表面上は子供を可愛がっているように見えますが、本当の意味での子共の個性や潜在能力を見極めて、適切な教育を与えられるかは疑わしいところです。

そもそも、知識というものは、その道の専門家が日夜研究して更新しているものであり、我々一般人の親が与えられるものではない…というのが私の持論です。
本来的に、親が子共にしてあげられる事なんて、子供自身がやりたい事や学びたい事を尊重して、適切な機会を与えてやる事だけです。

「子供を信じて、学びたい事を学ばせてやる」

それが、子供に対する教育の王道ではないでしょうか。

QooQ