【書評】超「時間脳」で人生を10倍にする

2009年8月7日金曜日

書評

T f B! P L
読書

理論には異論なし、あとは臨場感のみ


多忙な生活を極める(他人からはそう見える)苫米地氏ならではの時間活用術が、「タスク処理」や「クロックサイクル」といったコンピューター用語になぞらえて提唱されています。

本書を理論書として読む分には、

「うん、確かに仕事中のホウ・レン・ソウ(報告、連絡、相談)なんてムダだよなぁ…」

と、思うのですが…

ではいざ、本書に書かれている事を全て実践して、

「2倍の処理スピード×2倍のタスク処理量×2倍のフレームサイズで今日から8倍速の俺!!」

などという生活を想像できるかといえば…

正直、「そこまでスピードアップしなきゃいけないほど、多忙な生活はしていない」というのが実感です。

それこそ、苫米地氏自身が普段から言っている「臨場感」が伴わなければ、どんな時間活用術も「ただのセカセカした奴」で終わってしまうでしょうから、ひょっとしたら苫米地氏は、読者に自分の臨場感世界を見直してもらう為の一つの契機として、本書を書いたのかもしれません。

まぁ、仕事中の「ホウ・レン・ソウ」が、支配階層によって構築された「大衆管理システム」なのは間違いないでしょうが。

QooQ